更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2015-10-  ] 

3位南ア。

[ -]

2015.10.31

ブライアン・ハバナのトライ記録はチャンスを逃しまくって更新ならず、ジョナ・ロムーとタイのまま。決勝戦でミッチェルがレコードブレイクを狙う。マットフィールドとバーガーは、ボクス最後になるみたいです。嗚呼、寂しいよ。3位決定戦と決勝戦が何故寂しいか。チーム最後のゲームになるからか。準決勝は勝者にも敗者にも次がありますから。嗚呼、寂しいよ。残るは今夜の決勝戦。オールブラックスとワラビーズの決勝は史上初で...全文を読む

▲PageTop

あと2試合。

[ -]

2015.10.30

たった2試合。ワールドカップがあと2試合でおしまいですやん。嗚呼、栄冠は、たれに輝くか。その前に、今夜です。南アとアルゼンチンの3位決定戦。今年はお互いにアウェイで勝利し1勝1敗。3度目の対戦は中立地で、まことに興味深い。フォワード、バックスともに、マッチアップが楽しみな両国。決勝戦ではありませんが、力の入る試合になります。何しろテストマッチですから。と云うわけなので、3位決定戦も見ましょう。...全文を読む

▲PageTop

準決勝

[ -]

2015.10.26

2試合とも壮絶な内容。ミッチェルからアシュリークーパーのトライがくるまでは7点差。いま一歩アルゼンチン及ばず。決勝はオールブラックスとワラビーズ、凄い試合になりそうです。ボクスとアルゼンチンの3位決定戦も見逃せませんよ。...全文を読む

▲PageTop

オールブラックスは

[ -]

2015.10.25

強く、スプリングボクスは2点差に泣いた。決勝進出はニュージーランド。マットフィールドのノックオンでフルタイム。しかしナイスゲームでした。南アは3位決定戦に回ります。明日はアルゼンチンがワラビーズに挑む構図ですが、アイルランド戦の出来からすると、アルゼンチンにも勝ち目あり。見ましょう。...全文を読む

▲PageTop

日本シリーズ

[ -]

2015.10.24

始球式に五郎丸歩。今や日本一有名なラグビー選手。ワールドカップ開会時点では、開会式にも登場した大畑大介が間違いなく有名どころの筆頭でした。大畑氏はレジェンドですが、やはり現役プレイヤーの人気が上がるのは良いです。で、準決勝。今夜は南アとニュージーランド。今年のチャンピオンシップではオールブラックスが勝っています。ボクスが勝つには、ゲームのスローダウンがポイントでしょうか。デュプレア、ポラードの仕掛...全文を読む

▲PageTop

誤審あり。

[ -]

2015.10.21

オーストラリアがスコットランドを逆転した試合終了間際のペナルティが誤審だったと、ワールドラグビーが認めました。スコットランド国民は怒り心頭ではないかな。ジャッジを誤ったレフェリーのジュベールさん、南アフリカが決勝進出しない限り、決勝戦の笛を吹くと予想していましたが、それはないか。決勝レフェリーはオーウェンスさんかペイパーさんに予想変更だ。阪神と広島の試合でも誤審がありましたが、ビデオ判定は厄介な問...全文を読む

▲PageTop

金本監督は

[ -]

2015.10.19

タイガースを強くできるでしょうか?強くして欲しい。とりあえず、最後まで戦うタフさを養ってもらわないと。カープで鍛え上げた金本監督ですから、ぬるま湯に浸かったような選手には容赦しないでしょう。問題は周囲の雑音です。1年目で結果を出すのは難しいと思われるので、おそらく来年は選手もファンも我慢のシーズン。我慢の先には、タフな集団となったタイガースが実現するかも。実現して欲しい。...全文を読む

▲PageTop

北半球全滅。

[ -]

2015.10.19

スコットランドは大健闘ながら、最後の最後に逆転、再逆転でゲームを落としました。準決勝はザ・ラグビー・チャンピオンシップの4ヶ国。イングランド開催で最後の2週間、南半球勢が争う展開になってしまいました。南軍強し。...全文を読む

▲PageTop

北半球が

[ -]

2015.10.18

崩壊寸前。アイルランドもアルゼンチンに完敗。オコンネルとセクストン不在で、試合運びが普段通りにはいきませんでした。スコットランドがオーストラリアに勝つのは難しい予想なので、準決勝は全て南半球のチームになりそうです。まだまだ南北格差は埋まらんかなぁ。...全文を読む

▲PageTop

フランスの

[ -]

2015.10.18

駄目な方が出て、オールブラックスにボコボコにされました。あまりに点差がつき過ぎて眠い試合に。開始10分でミシャラクが負傷交代した後はズルズル悪い流れになりました。ニュージーランドはノヌーのトライ寸前のノックオンに、ベンチがズッコケるほどの余裕。北半球の希望はアイルランドだけか。...全文を読む

▲PageTop

準決勝進出

[ -]

2015.10.18

一番乗りはスプリングボクス。ウェールズは惜しかった。4点差。野球なら1.5点差ぐらい。決勝点となるトライはフーリー・デュプレア、キャプテンです。デュプレアはトップリーグ、サントリーサンゴリアスにいます。鬼のようにゲインし続けたダミアン・デアリエンディ、ワールドカップ後は近鉄ライナーズ、彼もトップリーグに。南アフリカの選手が続々と日本にやって来ます。トップリーグの密度も相当高いです。凄いです。...全文を読む

▲PageTop

秋は夕暮れ

[ -]

2015.10.17

秋は読書。ナンバーも臨時増刊号が出ましたので、もちろん読んでしまいます。いつもナンバーは読みごたえがあります。日頃読書しないやつにとっては、雑誌でも充分な読書体験となります。読書の次は準々決勝。スプリングボクスはウェールズに勝てるかな?多分勝つんぢゃないかなぁ。フランスはオールブラックスに勝てるかな?勝てば南アフリカ対フランスの準決勝、これはワケがわからん展開になりますね。ウェールズとニュージーラ...全文を読む

▲PageTop

読書の秋。

[ -]

2015.10.15

普段はほとんど本を読みません。あまりにも読まないので、年々識字低下していますが、今年はワールドカップ。大会前にラグビーマガジンとナンバーのワールドカップ特集号を熟読しました。次の読書は大会のレビューかと思っていましたが、日本代表が活躍し過ぎて、ラグビーマガジン臨時増刊号が出ました。と云う訳で、今年の秋は読書の秋。例年の百倍以上の読書量です。準々決勝まであとわずか。ワクワクします。見ましょう。...全文を読む

▲PageTop

CS

[ -]

2015.10.13

東京ドームで阪神タイガースの今シーズンが終了。あとはCSも日本シリーズも興味がありません。見ません。ラグビー日本代表は予選敗退、帰国しました。今週末からワールドカップはいよいよ決勝トーナメント。準々決勝の目玉はニュージーランド対フランスでしょう。優勝候補筆頭のオールブラックスですが、カーディフでのフランス戦は因縁あり。ニュージーランドにマカリスター選手はいませんが、フランスにはミシャラク選手がいま...全文を読む

▲PageTop

アメリカに

[ -]

2015.10.12

勝ったで。3勝1敗で予選敗退やけど、2019年ワールドカップ日本開催は充分アリやな。...全文を読む

▲PageTop

1勝1敗の

[ -]

2015.10.11

五分に持ち込んだタイガース。王手やないか。日本代表にも弾みがつくっちゅうやっちゃ。今夜は予選最後の4試合が生中継。大トリが日本戦です。見ましょう。...全文を読む

▲PageTop

CS初戦

[ -]

2015.10.11

阪神タイガースが1点差で負けてしまいました。数時間後、サモアがスコットランドに3点差で負けてしまいました。野球とラグビーは点の入り方が違うので、点差で言えばほぼ同じ。憎きスコットランドの勝利によって、日本代表の決勝トーナメント進出は消えました。今夜の最終戦、アメリカとの試合に高いモチベーションを維持できるのか?藤田君の躍動に期待したい。見ましょう。一方のタイガース、まだ先がある。あるからにはやらねば...全文を読む

▲PageTop

クライマックス

[ -]

2015.10.09

シリーズ!明日から。阪神はアウェイの試合で難しいですが、全員が必死のパッチでやれば、なんとかなるはずです。同じく今週末、ワールドカップは予選が最終局面。ウェールズはオーストラリア、アイルランドはフランスと対戦。デカい試合です。予選最後のゲームは日本対アメリカ。サモアに勝ったからには、アメリカにも勝ちたい。勝たねばならん。簡単な相手ではないので、必死のパッチでやって欲しい。と云うわけで、関本選手が現...全文を読む

▲PageTop

南アフリカは強い。

[ -]

2015.10.08

日本との最終戦に向け、主力を温存して“二軍”で挑んだアメリカは、当然のように南アにボコボコにされました。当たり前や。64対0で南アの完封勝ち。ブライアン・ハバナがハットトリック。ワールドカップでのジョナ・ロムー、テストマッチでのデヴィッド・キャンピージのトライ記録に並びました。歴史的レジェンドに並んだハバナ、後は大畑大介の世界記録だけですやん。二軍でヘタレ試合をしたアメリカですが、最終の日本戦、休養充...全文を読む

▲PageTop

マエケンが

[ -]

2015.10.07

あれだけ頑張ってもカープは勝てず。なんとタイガースが生き残り。ええと、良いんですか?借金持ちなんですけど、エヘヘ。みたいな心持ちですけど、3位に入れば良い!とゆーシステムですから、堂々と胸張ってやればよい。否、堂々とやらなければならん。9月の驚異的失速も今は昔、10月のタイガースは違うぜ、ベイビー!とゆートコロを見せてくれ。ラグビー日本代表が南アフリカに勝てたように、ヘタレ寸前のタイガースが日本一にな...全文を読む

▲PageTop

アルゼンチンが

[ -]

2015.10.05

トンガに勝利。トライが決まる度に観客席で狂喜乱舞するディエゴ・マラドーナ。そないに毎回カメラで抜かんでもええんちゃうん。...全文を読む

▲PageTop

なんと

[ -]

2015.10.04

ホスト国イングランドが予選敗退決定。オーストラリア・ワラビーズがスクラムを圧倒するとは意外な展開。イングランドは若さ・青さが出たようで、試合を途中で立て直せませんでした。若い元気なプレーヤーは必要ですが、要所をしめるベテランの経験も大切です。試合終了を待たずして、トゥイッケナムのイングランドサポーターが席を立つとゆー有り様。大敗の甲子園球場みたい。史上初の開催国の予選敗退、今回のワールドカップは色...全文を読む

▲PageTop

スプリングボクス

[ -]

2015.10.04

南アフリカは難なくスコットランドを撃破。1敗チームが並ぶ予選B組、勝ち点の都合で日本の決勝トーナメント進出はかなり厳しい。そもそもスコットランドに南アフリカ戦の勝利を期待するのが無理な話でした。何しろボクスは強い。と言うわけで、日本戦では良いところ無く敗れたサモアに、本領発揮でスコットランド撃破を期待する方が可能性はあります。サモア頑張れ。...全文を読む

▲PageTop

勝ちました。

[ -]

2015.10.04

ワールドカップで。サモアに。日本が。完勝です。点差がつくまでガチガチに緊張していました。私は。残り時間が僅かになるまでは、全く安心できませんでした。私は。日本代表の選手達は地に足がついていました。サモア代表の選手達は地に足がついていませんでした。と言うわけで、日本代表は戦前の予想より上のステージに居るようでした。ワールドカップでの2勝は史上初。次はアメリカ戦。当然ながら、あなどれません。見ましょう...全文を読む

▲PageTop

今夜です。

[ -]

2015.10.03

日本はサモアと真剣勝負。南アに勝ってしまったことで、試合の重要性が非常に大きくなりました。見ましょう。引き続き、南アとスコットランドの激突。普通にいけば南アの完勝ですが、今大会はわかりません。日本に負けて南アフリカは覚醒しましたが、スコットランドの充実ぶりも相当なもの。見ます。更に続いて、イングランド対オーストラリアの大一番。ウェールズに負けたイングランド、開催国としては絶対に負けられませんが、相...全文を読む

▲PageTop

優勝候補筆頭

[ -]

2015.10.03

ニュージーランドがジョージアを相手に酷い試合をしました。エラー連敗。あれだけのメンバーでもジョージアを圧倒するには至らず、最終的には一応スコアだけ整えて勝ちましたけど、すんません。みたいな。近年見たことないぐらい凡ミスだらけのオールブラックスでした。マン・オブ・ザ・マッチは、負けたジョージアのキャプテン、ゴルゴゼ選手。ニュージーランドがイマイチ過ぎたので、まあ納得の選出です。で、今夜は日本対サモア...全文を読む

▲PageTop

地上波でも

[ -]

2015.10.01

時々中継されるラグビーワールドカップ、今夜はウェールズとフィジーの対戦。連勝のウェールズに対し、フィジーは連敗中。フィジーがこのまま終わるワケにはいかん!とゆー状況ですが、試合会場はカーディフのミレニアムスタジアム、ウェールズのホームグラウンドです。“イングランド大会”ではあるけれども、ウェールズでも数試合が行われまして、フィジーとホームで戦えるのはウェールズにとってかなりのアドバンテージ。ウェール...全文を読む

▲PageTop

前-     2015-10-       翌-