更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2013 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2013 05

2013-04-  ] 

白いプヨプヨ

[ -]

2013.04.27

怒りに燃えるプヨプヨしてるが、ヤワじゃない生まれついての絹ごし豆腐夏に食うなら冷奴ルームメートのワカメとネギは俺を見捨てて食われたさズタボロになって残った俺はプヨプヨ呼ばわり?ふざけるな!いつか立派なタフガイになってみせるぜ、覚えてやがれ怒りに燃える俺の熱さにゃ麻婆豆腐も腰抜かす絹ごしドア越し粘り腰土俵際ならうっちゃりさ!プヨプヨプヨプヨ真っ白さプヨプヨプヨプヨ絹ごしさプヨプヨプヨプヨ怒りに燃える...全文を読む

▲PageTop

なんてザマだ!

[ -]

2013.04.26

高純度絹ごし豆腐の私が、ネズミ好きのするチーズに見えるなんて!私のプライドが許さない。箸攻撃でチーズになるくらいなら、一斉射撃で蜂の巣にされる方がマシだ。厚揚げに生まれれば良かった。しばらくの間、あなたはハードボイルドを気取っていましたが、高純度絹ごし豆腐は究極のソフト仕上がり。なかなか味噌汁から引き揚げてもらえません。ワカメ君やネギ子さんに遅れをとってしまい、徐々に身体がバラバラになってまいりま...全文を読む

▲PageTop

次の朝

[ -]

2013.04.23

目覚めると、私は味噌汁の中にいた。昨夜派手に飲み過ぎたせいで、頭の中ではブラックサバスがフルボリュームで鳴り響き、脳ミソはダメージを受けていた。こんな気分には熱い味噌汁がちょうど良い。「二日酔いか?冴えないツラだぜ。やっぱりおめぇは箸にも棒にもかからねえヤツだ。」うるさいワカメめ。箸にかからないで結構。何しろ私は高純度の絹ごし豆腐なのだ。生半可な箸さばきじゃあ捕まりはしない。「俺様の見事なグリーン...全文を読む

▲PageTop

隣の

[ -]

2013.04.21

木綿豆腐が言いました。「なんてきめ細かいお肌なの!アタシうらやましいわ。」「木綿ちゃんには木綿ちゃんの良さがあるよ。俺なんか箸にも棒にもかからない豆腐だよ。」高純度の絹ごし豆腐であるあなたは、自分自身をわきまえています。「こんなに真っ白なお肌、私に分けて欲しいわね。」「何を言うんだ。キミはその野性味溢れるところが魅力なんだよ、焼き豆腐ちゃん。」「しかしアンタ、寒そうな格好だな。」「厚揚げ君じゃない...全文を読む

▲PageTop

無意味な

[ -]

2013.04.17

やりとりを暫く続けた後、あなたの辞表は意外と簡単に受理されました。嗚呼!すがすがしい!おお!牧場は緑!ええ!さては一座の皆様へ!ママ!ドゥ・ユー・リメンバー?とかなんとか言いながら、今のところシロアリあなたは協会本部を後にしました。辞表が受理されると、時限装置的に脱シロアリが成し遂げられるシステムです。さっきまで完全なシロアリだったあなたですが、23分後には7割程度のシロアリになっていました。シロ...全文を読む

▲PageTop

芸名は

[ -]

2013.04.16

クロード・シロアリでしたが、あなたはムーディーなギター弾きではありません。シロアリス時代のようには売れず、苦戦していました。あまりにもヒマなある日、あなたはキリギリスのことを思い出しました。ノーテンキではなくなったキリギリス。プロのシロアリギター弾きになった現在のあなたは、キリギリス同様の哀愁が漂っています。キリギリスの豪邸を食べてしまったコトまでも思い出されて、再び気分が悪くなりました。嗚呼、胸...全文を読む

▲PageTop

ギター弾きとして

[ -]

2013.04.12

着実に醤油を宣伝し続けたあなたは、ヒガシ○ギタリストと親しまれていました。あなたの風貌はなかなかの有り様だったので、白装束のシロアリギタリストとゆーコトで、しばしばジョニー・ウィンターと比較されました。「あなたはジョニー・ウィンターを知っていますか?」「いや、全然知らないね。会ったこともない。」「そうでしたか。」「ギタリストとは付き合いがないんだ。もしジミ・ヘンが生きてたら、お近づきになりたいがね...全文を読む

▲PageTop

バンドが売れると、

[ -]

2013.04.06

内部でのゴタゴタが生じました。親友だったダニエルともギクシャクし始めます。メンバー間の殴り合いは日常茶飯事でした。今やシロアリスはミュージシャンの集まりと云うよりは、格闘野郎集団になっていました。楽屋で殴り合ってもお金になりません。マネージャーダニの発案で、シロアリスメンバーによるファイトを興行として集客することになりました。毎回チャンピオンを決めて、チャンピオンを称えるシロアリスのヒット曲“白い...全文を読む

▲PageTop

シロアリスが

[ -]

2013.04.04

白いヒット曲を連発していた頃、ノミ達はサーカス団で人気を博していました。当時は世の中が物騒でしたので、夕方暗くなり始めると、黒マントノミがシロアリやダニの子供達をさらって、ノミのサーカスに売り飛ばしていると噂されていました。「ノミのサーカスで見た。家族で夜逃げした友達にそっくりのヤツが、綱渡りしてるのを。」「あのピエロは、外国に行ったはずの隣のあんちゃんに瓜二つだ。」「空中ブランコのお姉さんを見て...全文を読む

▲PageTop

オー、ダニーボーイ。

[ -]

2013.04.03

シロアリのあなたは、ダニのダニエルを親しみを込めて呼んでいました。いつものように、あなたの家にはダニ連中がたむろしていました。もちろんダニエルも居ます。ワイワイやってるうちに、誰からともなくバンドをやろうと云うことになりました。「俺たちがバンドをやれば売れるぜ。」「よし。売れてやろう。」あなた以外のメンバーは全員ダニでしたが、バンド名は“シロアリス”に決まりました。ダニーボーイのシロアリアレンジでデ...全文を読む

▲PageTop

前-     2013-04-       翌-