更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2012-11-  ] 

しゃべらない設定の

[ -]

2012.11.30

あなたには、台詞がありません。チャンスを伺う新人には願ってもないチャンスです。おや?早速新人が現れましたよ。「いやあ、待ってました!こんなチャンスが来るなんて、夢なら覚めないでくれよ!ベイビー!」「君は何者だい?」「おっと、アフリカ象スリムじゃないか!オーケー、自己紹介するとしよう。俺は聞いての通り、棒読み野郎だよ!」「やっぱり。」字ヅラでは伝わりにくいのですが、棒読み野郎は常に棒読み。言葉に抑揚...全文を読む

▲PageTop

「顎が外れたら

[ -]

2012.11.29

あなたもナポリタンが食えませんね。」アフリカ象スリムが言いました。「カレーも食えませんね。」インド象スリムが追い打ちをかけました。「ううはい(うるさい)!」「ぐるナイ?何て言ったの?」スリムな象たちに小バカにされて、あなたは毒づきました。「アオアイッイ(サノバビッチ)!」毒づいてもさまになりません。「あや、おうあえあん(わしゃ、もうしゃべらん)。」顎が外れた脳無しのあなたの言葉は、翻訳が面倒くさい...全文を読む

▲PageTop

「まだ腰が悪いのかい?」

[ -]

2012.11.27

アフリカ象スリムの友達のインド象スリムが現れた。「そうなんだ。ナポリタンが食えないよ。」「君はナポリタンが好きだね。俺はカレーが好きさ。」インド象スリムはインド人もびっくりするほどカレーが好きです。「実は俺の母さんもカレーが好きさ。」インド象スリムの母さんはインド人の母さんもびっくりするほどカレーが好きです。「相変わらずカレーが好きだね。世界のカレー需要の88%が君の家族によるものだというから、イ...全文を読む

▲PageTop

ブルースマンみたいな

[ -]

2012.11.25

名前だが、アフリカ象スリムはただの象。体型と歩き方は人間そのもの。「君は本当に象なのかい?」「間違いなく象ですよ。お鼻が長いですから。」「天狗の可能性も否定出来んだろう?」「いいえ。間違いなく象です。母さんが好きですから。」「そりゃ間違いなく象だな。それにしてもお鼻が長いね。」「そうです。母さんも長いのです。」「二足歩行できるとは凄いねぇ。」「象的にはどんくさいだけです。四足歩行すると立ちくらみが...全文を読む

▲PageTop

てくてくてくてく

[ -]

2012.11.22

歩いていると、背後から声がした。「廃人返上の人、お腰につけたナポリタン、1本私に下さいな。」そうだったのか。さっきからケチャッピーな匂いがすると思っていたが、腰にナポリタンがついていたのか。なるほど。では先を急ごう。てくてくてくてく。「おやおや、聞こえなかったのかな?もっと大声でいこう。廃人返上の人、お腰につけたナポリタン、1本私に下さいな。」あれあれ?ナポリタン需要が急上昇か?昨今のナポリタン景...全文を読む

▲PageTop

「ニュースの後は

[ -]

2012.11.20

天気予報をお伝えします。お天気マダムのヒヘさん、お願いします。」「はい、お伝えします。今日は日差しが強く、マダムキラー成分も大量に降り注ぐでしょう。マダムの皆さんは、お出かけの際には肌の露出を少なくするように心がけてください。」「マダムキラー成分対策には何が有効ですか?」「帽子をかぶるのが効果的ですが、未亡人ベールがあれば更に良いでしょう。」「普通のベールではダメですか?」「マダムキラー成分に未亡...全文を読む

▲PageTop

人間は

[ -]

2012.11.19

首から上がなくなれば、なかなかゴキゲンに生きていけるようだ。脳無し博士を見送りながら、あなたは確信した。「俺は脳ミソがカラだから廃人になったような気がしていたが、間違っていた。あのベテラン脳無し博士を見ろ。脳ミソが爆発してから生き生きしてたじゃないか。」ホヘフヒハ星では天体観測が続いていた。「ホフ先生、超新星爆発の後、何か異変があったようですね。」「そうなんだ。脳波に近いものだったのが、動物的活力...全文を読む

▲PageTop

脳無し博士は

[ -]

2012.11.18

もはやベテランの博士ではなかろうと思いきや「さあ、廃人くん、真のマダムの都を探しに行こうじゃないか。頭が軽いし心も軽い。」「首から上が無くなったというのに、博士は廃人ぽくないですね。」「失敬な。私ほどのベテランの博士ともなると、博士的要素が血となり肉となっているのだよ。血と肉がある限り、ベテランの博士であり続けるワケだ。」「なるほど。あんなに脳ミソ重視思想だった博士が、実は脳ミソを必要としないなん...全文を読む

▲PageTop

「痛い!脳ミソが

[ -]

2012.11.15

爆発するほど痛いんだ!」ホヘフヒハ星では世紀の天体ショーを間近に盛り上がりをみせている。「天文学者のホフ先生、あなたの予測では今夜ですが。」「いかにも。私の計算にくるいはない。」「恒星でもない星で超新星爆発が起こるなんて、何かの間違いでは?」「信じられないが事実だ。その星から異常なほどのエネルギーが観測されているのだ。超新星爆発の前兆に間違いない。」「ホフ先生はその道のエキスパートですから、我々も...全文を読む

▲PageTop

苦しむ

[ -]

2012.11.14

博士に気付いて、エマニエルダンナが飛んで来た。「ベテランの博士、大丈夫ですか!バファリンをお持ちしました。」しかし残念。バファリンは頭痛には効くが、脳ミソ痛には全然効かないのだ。「痛い!痛いんだ!脳ミソが痛いんだ!」のたうち回る博士に気付いて、軽井沢ダンナが駆けつけた。「博士、ご安心ください。私は医者を呼ぶ人です。この中に誰か、お医者さんはいませんか!?」しかし残念。医者はいなかった。「こうしちゃ...全文を読む

▲PageTop

単品至上主義者の

[ -]

2012.11.13

ベテランの博士だと思っていたが、Aセットだと?笑わせるぜ。「セットを選ぶとは、博士、見損ないましたよ。」「凡人にはわからんだろうが、私ほどのベテラン博士になると、脳ミソが超新星的に進化発育し続けるのだ。思考の志向も絶えず変化するのだよ。」「そうでしたか。主義主張を曲げて、お買い得に走ったのかと。」「たわけ!主張を曲げたのではない。進化と呼びたまえ。もはや私はセット主義者であり、定食主義者なのだ。」...全文を読む

▲PageTop

マダムの都が

[ -]

2012.11.11

夫婦の集いに成り下がっていたので、ベテランの博士は落胆した。あなたは顔面蒼白。博士は前代未聞の脳ミソ蒼白。地球は青かった的に脳ミソが青く見える。つまり、脳ミソは水の惑星なのだ。「アルプスの少女廃人のキミ、顔色が悪いな。廃人感がハンパないぞ。」「元々廃人なので、ご心配には及びません。ベテランの博士の方こそ、脳ミソ色が悪いです。色っぽい婦警さんといた時とはエラい違いですが。」「私はマダムキラーだが、ダ...全文を読む

▲PageTop

着いた、着いた!

[ -]

2012.11.10

マダムの都に到着したぜ!色っぽい婦警さんのパトカーに導かれ、マダムの都駐車場に博士号を停める。マダムの都選りすぐりの著名人、セレブリティ達が出迎えてくれる。しかし…なにやら様子がおかしいぞ。「ようこそマダムの都へ。私はエマニエル夫人よ。」という流れを期待していたのだが…「ようこそマダムの都へ。私達はエマニエル夫妻です。」「いらっしゃいませ。私達は軽井沢夫妻です。」「テニスコートの華、お蝶夫妻です。」...全文を読む

▲PageTop

大声で

[ -]

2012.11.08

博士号のテーマを合唱してゴキゲンなところへ、またしてもパトカーの登場だ。「おかしいな。法定速度を守っているはずだが。」「歌声が近所迷惑だったのかも。誰かが通報したに違いない。ベテランの博士、どうしましょう?」「ここは私の脳ミソに任せておきたまえ。」パトカーに促されて、しぶしぶ博士号は停車する。せっかく博士号のテーマで上機嫌だったのに。パトカーから降りてきたのは、犬っぽいおまわりさんではなかった。な...全文を読む

▲PageTop

「博士号のテーマを

[ -]

2012.11.08

知っているかね?」「知りません。有名ですか?」「非常に有名だ。ベートーベンの運命とゆーのがあるだろう。」「ジャジャジャジャーンでしょ?」「さよう。あれは元々、ジャジャジャジャーンではなく、博士号~と歌詞があるのだ。」「ジャジャジャジャーンが、博士号~ですって?初耳です。」「ある日、博士号は博士号のテーマを大声で歌いながら、鈴鹿サーキットをブッ飛ばしていた。そこへあのいまいましいベートーベンが現れた...全文を読む

▲PageTop

おまわりさんは

[ -]

2012.11.07

博士号のところまでやって来ると、アルプスの少女廃人のあなたと、脳ミソヅラのベテランの博士に向かって、次のように述べました。「迷子の迷子の子猫ちゃん、あなたのおうちは何処ですか?」「ベテランの博士、このおまわりさん、犬っぽいですね。」「確かに、発言が犬っぽい。」「僕は犬っぽいおまわりさんより、色っぽい婦警さんの方が良いです。」「同感だよ、キミ。ところで、私のベテラン博士としての見解だが、この犬っぽい...全文を読む

▲PageTop

博士号に乗って

[ -]

2012.11.05

アルプスの少女廃人のあなたと脳ミソヅラのベテランの博士は、時速23キロぐらい走行する。「ベテランの博士、もっとスピード出まへんか?」「急がば回れと言うだろう。」「ほんに。せやけど、回り過ぎとちゃいまっか?出発から同じ区画ばかり回って、次で46周目ですが。」「学問に王道なしと言うことさ。」「全く意味がわかりません。」「私にもわからん。ただ、博士への道が長く険しいことはわかるだろう。」「はい。だから博...全文を読む

▲PageTop

「眉毛も

[ -]

2012.11.04

残して欲しかった。」ベテランの博士は嘆く。「あんたの眉毛は剛毛過ぎて、かなり重かったので。」もはや優位に立ったアルプスの少女廃人のあなたは、ベテランの博士をなだめる。「眼球を失って鏡も見られないが、私は今どんなツラをしてるのかね?」「脳ミソヅラですね。鼻毛とまつげがありますから、どこが顔の正面はわかります。」「ウインクしてみよう。どうだね?」「なかなかセクシーですよ。マダムはイチコロでしょう。」「...全文を読む

▲PageTop

「博士!

[ -]

2012.11.02

ベテランの博士!大丈夫なのかい!?」「痛い。めちゃめちゃ痛い。」「そんなに痛い?首が折れると?」「首が折れるとめちゃめちゃ痛い。しかも足元しか見えない。」「自分の足元を見直すなんて、ベテランの博士なのに奥ゆかしい。」「ほめてもらって光栄だが、めちゃめちゃ痛い。」「痛そうだ。それにしても痛そうだ。」「痛いんだ。めちゃめちゃ痛いんだよ。首が折れると。」「脳ミソを抜き取ったら、頭が軽くなって、きっと楽に...全文を読む

▲PageTop

前-     2012-11-       翌-